1 リーダー対みんなのゲーム 一覧

おおきいちょうちん ちいさいちょうちん

(両手を横に広げる )( 両手を小さく横に広げる)

ながいちょうちん みじかいちょうちん

(両手を縦に広げる)( 両手を短く縦にする)


これを何回か続けて こんどはおおきいちょうちんといってちいさいちょうちんの手をしたり
ちいさいちょうちんといってながいちょうちんの手をする。

どんどん速く言いながら手を広げた小さくしたりする。

また言葉と手をちがうようにするとおもしろい。

子どもから年配の方まで遊べるたのしい手遊び。

(mamamama)

歌詞
ひみつ♪ひみつ♪ひみつ♪ひみつ♪ひみつのアッコちゃん♪

このあと、「テクマクマヤコン・テクマクマヤコン ○○になーれ♪キラキラリーン♪」といったら、
○○のまねをする。
(ゴリラと言ったら、ゴリラのまねをする)

1.リーダーが何かを指差して「これ(あれ)は何だぁ~!?」と言う。
2.みんなはその名前をイッセイに叫ぶ。
3.これを何度か繰り返す。何度か繰り返したら、リーダーが「いってみよう!!!」という。
4.みんなは最後に言った名前を「○○です(サンペイ風)」に言う。

リーダー対みんなのゲームです。みんなには目をつむってもらいます。
リーダーは拍手した回数でどの方向を向くか決めます。

例)拍手1回→右を向く
  拍手2回→左を向く
  拍手3回→後ろを向く

ゲームをはじめ、何回か拍手を繰り返し目を開けた時にリーダーと同じ方向を向いていたら勝ちです。
勝ち抜き戦にしても面白いと思います。

(shihoさんからの投稿です)

これは、私vsみんなのゲームです。 
まずは、ジャンケンポン!「ポン!」であとだしで私に勝ってもらいます。
だんだん速くしていくんじゃけど、途中から
「みんないっぱい勝てたと思うので?ここからは!
私にも勝つ気分を味わわせてください?(o^皿^o)」
とかいって、今度はみんなにあとだしで負けてもらってね♪
みんなも私も勝つ気分を味わえたのでよし★ 
これは「初級編」「中級編」「上級編」があって
・初級編
  左手はチョキ、右手は田舎チョキ(鉄砲みたいなの)にして
  セーノの合図で右手と左手を入れかえる!
・中級編
  左手はパーで親指だけ折る、右手はパー、
  セーノで一本ずつ折っていく。
・上級編
  左手はグー、右手はパー、セーノで
  左手はグー→チョキ→パー
  右手はパー→グー →チョキ
小学生相手だと初級はそこそこできるけど中級、上級はなかなかできません。
結構難しいです!
Jrにも出来ない人ばっかです。
リーダーが右手を掲げて、
「じゃぁ今からじゃんけんするけど、絶対勝ってね。絶対だよ。」と言い、普通にじゃんけん。
当然ながら相子の人も出るし負ける人も出る。
「なんで勝てないのさ。今度は絶っ対に勝ってね!!」と言う感じで数回繰り返し。

でもリーダーの左手をよ?くみると肩の位置で「予告」が...
それに子どもが気づいてもらえれば、あとは話し前ごとにちょこっとやると自然と静かになるという仕掛けができてしまってました。
やり方は簡単!グーとパーをだします。
グーは隕石を表して、パーは自分達の乗ってるロケットを表すよ。
このグーとパーが重なった時に手をたたくんだ。
ポイントはパーを動かすリズム!
例えば3・3・7拍子やずっとかさねて拍手してもらったり、
リズムを早くしたり、ゆっくりにしたり。

前置きは宇宙旅行に行く設定なんかがいいと思うよ!
無事着陸する為に重なった時手を叩いて下さい。
まず右手か左手かどちらでもいいのですがあげてもらいます。
そして五本の指のそれぞれに番号をつけます。

親指→1
人差し指→2
中指→4
薬指→8
小指→16

これをすべてたすと1+2+4+8+16=31になります。
これをふまえて1から31まで順番にリーダーは数を数えながら指で数字を作っていき、みんなはそれをまねしていきます。
例えば「1」ならじゃんけんのグーの状態から親指(「1」)だけをあげます。
次は「2」ですから親指をおろして人差し指(「2」)だけをあげます。
次は「3」ですから人差し指(「2」)はそのままあげておき、親指(「1」)もあげます。(「2+1=3」)
次は「4」ですから人差し指と親指をおろして中指(「4」)だけをあげます
次は「5」ですから中指(「4」)はそのままあげておき、親指(「1」)もあげます。(「4+1=5」)
次は「6」ですから中指(「4」)はそのままあげておき、親指をさげ人差し指(「2」)をあげます。(「4+2=6」)
次の「7」はこの「6」の状態から親指(「1」)をあげます。(「4+2+1=7」)
次の「8」は今まであげていた親指(「1」)、人差し指(「2」)、中指(「4」)をすべて下げて、薬指(「8」)だけをあげます

このあとは皆さんが考えてください。
31までの数字が必ず五本の指でできますし最終的に「31」はジャンケンのパーの状態になっています。
これを最初はゆっくり説明しながら行い、徐々にはやくしていきます。
なれるまでは難しいですし薬指をあげるのが大変ですが、法則がわかれば簡単です。
目を閉じて喋らないで心の中で60秒数えて数え終わったら座っていって、
全員が座ればリーダーが合図して目を開けてもらう☆

目を閉じている間に照明を落としていい感じのムードにすれば
雰囲気も落ち着いて話しやすい感じになると思います。
目を閉じている間に何か仕掛けをして開けた時にびっくりさせれるようなことにしても
面白いと思うよ☆

このページの上部へ

プロフィール

運営している人のプロフィールとか入れたりしても良いんじゃないかな。

サイト内検索

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.3