31

まず右手か左手かどちらでもいいのですがあげてもらいます。
そして五本の指のそれぞれに番号をつけます。

親指→1
人差し指→2
中指→4
薬指→8
小指→16

これをすべてたすと1+2+4+8+16=31になります。
これをふまえて1から31まで順番にリーダーは数を数えながら指で数字を作っていき、みんなはそれをまねしていきます。
例えば「1」ならじゃんけんのグーの状態から親指(「1」)だけをあげます。
次は「2」ですから親指をおろして人差し指(「2」)だけをあげます。
次は「3」ですから人差し指(「2」)はそのままあげておき、親指(「1」)もあげます。(「2+1=3」)
次は「4」ですから人差し指と親指をおろして中指(「4」)だけをあげます
次は「5」ですから中指(「4」)はそのままあげておき、親指(「1」)もあげます。(「4+1=5」)
次は「6」ですから中指(「4」)はそのままあげておき、親指をさげ人差し指(「2」)をあげます。(「4+2=6」)
次の「7」はこの「6」の状態から親指(「1」)をあげます。(「4+2+1=7」)
次の「8」は今まであげていた親指(「1」)、人差し指(「2」)、中指(「4」)をすべて下げて、薬指(「8」)だけをあげます

このあとは皆さんが考えてください。
31までの数字が必ず五本の指でできますし最終的に「31」はジャンケンのパーの状態になっています。
これを最初はゆっくり説明しながら行い、徐々にはやくしていきます。
なれるまでは難しいですし薬指をあげるのが大変ですが、法則がわかれば簡単です。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ